結婚式の今昔

結婚はいつの時代も世の女性の憧れであり、披露宴や白いウェディングドレスを着ることは、一生に一度の夢でもありました。
男性にとっては、伴侶となる大切な女性のために、その夢を最大限に叶えてあげる見せ場でもあるのです。

しかし近年、結婚式や披露宴の形が少しずつ変化しているのをご存知でしょうか。
ひと昔前のように、披露宴で何層にも積み上げられた豪華なウェディングケーキというのは鳴りを潜め、お色直しの回数もだいぶ減ったようです。
それをご時世と見る向きもあるでしょうが、形式よりも愛情や中身を大切にするようになってきたともいえるのではないでしょうか。
さて、以前ですと、結婚式に神前の様式を選ぶ人が多かったため、式には近しい近親者しか参列できないということがありました。
どんなに親しい友人でも、結婚式の参加は遠慮して、披露宴のみに出席するというパターンが多かったのです。

しかし近年は、この結婚式にこそ友人や大勢の人に列席してもらいたいという希望者が増えてきていることから、結婚式の様式もさまざまな変化を見せるようになりました。
以前ですと、誓いの儀式のスタイルは、そのほとんどが神社や教会の形にのっとったものであることが多かったのですが、今では披露宴のみならず、式にも自分たちの個性を組み込めるようになったのです。

宗教にこだわらずに、好きなスタイルを選びたいという思いは、昔も今も変わらないようですが、一時は鳴りを潜めた神前式も、今また、日本古来の伝統を尊重したい若いカップルの関心を集めていますし、ヨーロッパやアジアなど、外国のスタイルを真似たものも人気があるようです。
あなたはどのような結婚式を挙げてみたいですか。
参考になる情報を記してみましょう。


◎Special Link
海外で結婚式や披露宴を行う海外ウェディングを紹介しているサイトです > 海外ウェディング